Make your own free website on Tripod.com
最終更新日 2001/10/ 9
[./index/ps2linux.html]

PlayStation2 Linux おぼえがき

・Blackboxのインストール
X Window Systemを利用する場合には必ずウィンドウマネージャを起動 させなければならない.GNOMEやKDEは多機能であるがゆえに,PS2では 動作が遅くなってしまう.
そんなわけでインターネットを駆使して検索した結果,Blackboxという ウィンドウマネージャがあるということを知った.シンプルで軽く, 古さも感じさせないというこのウィンドウマネージャをインストール してみることにしよう.

まずはKondara ProjectのFTPサイトから
・blackbox-0.61.1.tar.bz2
・blackbox-0.61.1-6k.nosrc.rpm
をダウンロードします.そして次のようにコマンドを実行すればsdrで 選択できるようになります.

Blackboxのインストール
# mv blackbox-0.61.1.tar.bz2 /usr/src/RPM/SOURCES/
# rpm --rebuild blackbox-0.61.1-6k.nosrc.rpm
# rpm -ivh /usr/src/RPM/RPMS/mipsel/blackbox-0.61.1-6k.mipsel.rpm


・xmmsのインストール(応用可)
Linux版Winampみたいな感じのアプリケーションです.ちゃんと動作するみたい.

・xmms-1.2.5.tar.gz
をダウンロードします.そして次のようにコマンドを実行するとインストール完了です.
xmmsのインストール
# 事前に /home/[username]/src 等のディレクトリに移動
# tar xvzf [ファイル名]
# cd [解凍したディレクトリ]
# ./configure
# gmake
# su
# make install


・X Windowでの解像度変更
/etc/X11/XGSConfigを編集すればよい.最後のほうにある設定をコメントアウトしたり, 元に戻したり.

・ftp,telnetの設定
FTP,Telnetを使うには /etc/inetd.conf のそれらしきところがコメントアウトされています. 行頭の # を消せばFTP,Telnetが使えるようになります.

・sambaの設定
sambaはデフォルトインストールでは入らないそうです.追加インストールの仕方は僕は 知らないので,始めからフルインストールしましょう.
インストールされていれば /etc/smb.conf があると思うので,これをおもむろに編集 しましょう.
編集したらroot権限で次のコマンドを実行します.sambaを自動起動にするにはntsysv コマンドでSMBにチェックを入れます.
これらがすべて終わったらrebootしましょう.

samba設定
# cd /etc
# cat passwd | /usr/bin/mksmbpasswd.sh > /etc/smbpasswd
# smbpasswd [username]
[samba パスワードの設定]

# ntsysv
# reboot (もしくは shutdown -r now)
smb.conf は次の通りに設定すると動きました.

smb.conf
[demo@ps2linux /etc]$ less smb.conf
[global]
coding system = sjis
client code page = 932
workgroup = [WORKGROUP]
server string = Samba %v
encrypt passwords = Yes
map to guest = Bad User
socket options = TCP_NODELAY SO_RCVBUF=8192 SO_SNDBUF=8192
dns proxy = No
guest account = smbguest
os level = 1

[homes]
comment = %U's Home directory
read only = No
browseable = No
writable = Yes

[printers]
comment = All Printers
path = /var/spool/samba
print ok = Yes
browseable = No

smb.conf# Examples about other export

;[private]
; comment = Private space ; one can write one's own files.
; path = /home/samba/private
; read only = no

;[public]
; comment = Public space; anyone can write any files.
; path = /home/samba/public
; guest ok = yes
; read only = no
; force group = public
; force create mode = 0664
; force directory mode = 0775

;[tmp]
; comment = Read only file space
; path = /tmp
; guest ok = Yes



・blackbox themeの設定
blackboxはdefaultではなぜか初期設定のテーマも選択できません(僕だけ?).というわけで いろいろ調べたのでここに書き足しておきます.
まずは適当にblackbox設定ディレクトリを作ります.私の場合は /home/username/ に設定 ディレクトリを作成しました.

Blackbox themeの設定ディレクトリ作成 その1
# mkdir .blackbox
# cd .blackbox
# mkdir styles
# mkdir backgrounds

次にダウンロードしたthemeを先程作成した設定ディレクトリの中に解凍します.

Blackbox themeの設定ディレクトリ作成 その2
# tar xvzf [ファイル名]

あとはblackboxのメニューにtheme選択を追加すればOKです. この辺の設定は私自身よくわかっていないので,この方法はもしかしたら正しくないかも^^;
追加の方法は以下のとおり.

Blackbox themeの設定 メニュー追加
# エディタで /usr/share/Blackbox/menu.ja_JP を開く

# [submenu] (Styles) {Choose a style...}
# [include] (/usr/local/share/Blackbox/styles/stylemenu)
# [style] (MyTheme) {~/.blackbox/Styles/theme}
# [end]

という風にstyleを追加してください.
スタイルを選択しても背景が出ない場合,そのスタイル設定ファイルを開いて,おそらく 最終行近くにあるであろう画像指定のコマンドを
rootCommand: Esetroot -center -fit ~/.blackbox/backgrounds/[画像ファイル]
としてみてください.きっと背景が一面に表示されるはずです.
詳しくは,http://www.gnome.gr.jp/~ss/bb/ug/menu-config.edit.html を参照してみてください. そのうち自分流にまとめなおします.

参考リンク:Step by Step Linux http://www.ucatv.ne.jp/~mark/linux/